妙泉寺

千葉県の初詣スポット、妙泉寺(みょうせんじ)の初詣期間中の参拝者数、混雑時間と混雑回避のポイント、ご利益、最寄り駅やアクセスなどの情報をお届けします。

「千葉厄除け不動尊」の通称で呼ばれる千葉県東金市の妙泉寺は、鎌倉時代の中期に妙泉法印が創立したとされる天台宗の寺院です。

瀧泉寺(東京都目黒区)、飛不動尊正宝院(東京都台東区)と並び、関東厄除け三不動のひとつといわれ、厄除け、厄払いにご利益があるとされています。

お守りの種類が100種類以上もあることでも有名なお寺で、バリエーション豊かなお守りは見ているだけでも楽しめます。

妙泉寺の初詣情報

千葉厄除け不動尊の例年の初詣期間(元日~3日まで)の参拝者数は約60万人

初詣行事としては1月1~3日の午前と午後1回ずつ公演される「演舞和太鼓白鳳」が人気です。

初詣関連データ

妙泉寺の初詣情報
参拝者数
約60万人
参拝時間
・12月31日23:00~元旦まで開門
通常は9:30~16:30
混雑時間
・1月1日午前0時~午前2時頃まで
・三が日は午前10~午後14時頃まで
初詣行事
・「新年初詣祈願大祭」1月中は毎日奉修
・「演舞和太鼓白鳳」1月1~3日の午前、午後1回公演

スポットデータ

妙泉寺のスポットデータ
読み
みょうせんじ
住所
〒283-0823 千葉県東金市山田1210
電話
0475-55-8588(受付9:00~17:00)
ウェブサイト
関東厄よけ三不動【千葉厄除け不動尊】力のお不動で厄払い祈願
最寄り駅
・JR「千葉駅」
・JR「土気駅」
・JR「誉田駅」
・JR「大網駅」
ご利益
厄除け、方位除け、縁結び、病気平癒、家内安全、交通安全、子授け
御本尊
・釈迦如来(しゃかにょらい)
・阿弥陀如来(あみだにょらい)

初詣の混雑時間・混雑回避のポイント

妙泉寺は初詣期間中だけでも約60万人の人が参拝に訪れる千葉県でも有数の初詣スポットです。

年明けから三が日までの混雑は必至で
特に混雑が予想される時間帯は

・1月1日の9~14時頃

・2日3日は12~14時頃

です。


混雑を回避する方法としては

・朝早くに参拝する

・15時以降に参拝する

・4日以降に参拝する

など、

とにかく、参拝客が多いことが予想される時間帯や正月三が日を避けることが混雑回避のポイントとなります。

妙泉寺へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
・JR「千葉駅」からバス10番乗り場で「成東」行き・「中野操車場」行き乗車→バス停「山田台」下車→徒歩2分
・JR「土気駅」からタクシーで8~10分
・JR「誉田駅」からタクシーで10~12分
・JR「大網駅」タクシーで8~10分
車でのアクセス
・千葉東金道路「山田IC」から国道126号経由1km
・千葉東金道路「中野IC」から国道126号経由3km

妙泉寺の駐車場情報

妙泉寺は約1000台止められる大型駐車場を完備しています。

初詣期間などの混雑時には駐車場が利用できない場合がありますので、

最新の混雑情報や交通規制情報などは電話、または公式サイトにてご確認ください。

妙泉寺の初詣関連情報 まとめ

最後に今回ご紹介した妙泉寺の初詣の関連情報についてまとめておきます。

・初詣の参拝者数は約60万人

・関東厄除け三不動のひとつといわれ、厄除けのご利益が有名

・お守りの種類が100種類以上もあることで有名

・混雑時間は、1月1日の9~14時頃、2日3日は12~14時頃

・初詣の混雑を避けるには、早朝や夕方、または4日以降に参拝する

初詣期間中の妙泉寺では、大変な混雑が予想されます。

参拝するにもある程度の時間を要しますので、寒さ対策は万全にして初詣にお出かけください。

当サイトでご紹介した内容は最新でない場合があります。
妙泉寺の最新情報は直接お電話でお問合せするか公式サイトにてご確認をお願いします。

住所
〒283-0823 千葉県東金市山田1210
電話
0475-55-8588(受付9:00~17:00)