常陸国出雲大社

茨城県の初詣スポット、常陸国出雲大社(ひたちのくにいづもたいしゃ)の初詣期間中の参拝者数、混雑時間と混雑回避のポイント、ご利益、最寄り駅などの情報をお届けします。

常陸国出雲大社で祀られている主祭神・大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は、少名彦命(すくなひこのみこと)と協力して国造りを進めた神様とされ、農業・漁業の神様と崇められています。

また、大国主大神は神話の中で、複数の女神様との間にたくさんの子どもを作ったとされていて、古くから縁結びのご利益がある神様として人気があります。

出雲大社のシンボル的な存在である大しめ縄にも、幾多の縁を結ぶという意味がありますので、良縁を求める方におすすめの神社です。

MEMO
通常の神社では2礼2拍手1礼が参拝作法とされていますが、
常陸国出雲大社では本家である島根県の出雲大社と同じく、2礼4拍手1礼がの正しい参拝作法とされています。

常陸国出雲大社の初詣情報

常陸国出雲大社の例年の初詣期間(元日~3日まで)の参拝者数は約10万人

通常の参拝時間は8:00~17:00ですが、初詣期間は特別に、大晦日から1月2日の22時頃まで通しで開門されます。

初詣行事としては、1月1日午前0時より「元旦四方拝」が行われます。

初詣関連データ

常陸国出雲大社の初詣情報
参拝者数
約10万人
参拝時間
・大晦日から通しで1月2日の22時頃まで
・通常8:00~17:00
混雑時間
・1月1日午前0時~午前2時頃まで
・三が日は午前10~午後14時頃まで
初詣行事
・1月1日午前0時 元旦四方拝

スポットデータ

常陸国出雲大社のスポットデータ
読み
ひたちのくにいづもたいしゃ
住所
〒309-1634 茨城県笠間市福原2001
電話
0296-74-3000(常陸国出雲大社社務所)
ウェブサイト
茨城県の縁結びなら常陸国出雲大社
最寄り駅
JR水戸線「福原駅」
ご利益
縁結び、幸運開運、商売繁盛、災難除け
主祭神
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

初詣の混雑時間・混雑回避のポイント

常陸国出雲大社は初詣期間中だけでも約10万人の参拝者が訪れる笠間市でも有数の初詣スポットです。

年明けから三が日までの混雑は必至で
特に混雑が予想される時間帯は

・元日午前0時~午前2時頃まで

・三が日では朝10時~昼14時頃まで

です。


混雑を回避する方法としては

・朝早くに参拝する

・夕方16時以降に参拝する

・4日以降に参拝する

など、

とにかく、参拝客が多いことが予想される時間帯や正月3が日を避けることが混雑回避のポイントとなります。

常陸国出雲大社へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
・JR水戸線「福原駅」から徒歩10分
車でのアクセス
・北関東自動車道笠間西IC→国道50号を笠間方面へ1km

常陸国出雲大社の駐車場情報

混雑時には駐車場が利用できない場合がありますので、最新の混雑状況や交通規制情報などは電話、または公式サイトにてご確認ください。


常陸国出雲大社駐車場
台数300台
料金無料
備考大型可

常陸国出雲大社の初詣関連情報 まとめ

最後に今回ご紹介した常陸国出雲大社の初詣の関連情報についてまとめておきます。

・初詣の参拝者数は約10万人

・参拝作法は2礼4拍手1礼

・主祭神の大国主大神は縁結びの神様

・大しめ縄には幾多の縁を結ぶという意味がある

・混雑時間は、1月1日午前0時~午前2時頃まで、三が日の午前10~午後14時頃まで

・初詣の混雑を避けるには、早朝や夕方、または4日以降に参拝する

初詣期間中の常陸国出雲大社では、大変な混雑が予想されます。

参拝するにもある程度の時間を要しますので、寒さ対策は万全にして初詣にお出かけください。

当サイトでご紹介した内容は最新でない場合があります。
常陸国出雲大社の最新情報は直接お電話でお問合せするか公式サイトにてご確認をお願いします。

電話
0296-74-3000(常陸国出雲大社社務所)
ウェブサイト
茨城県の縁結びなら常陸国出雲大社