茨城県の初詣スポット12撰と題しまして「笠間稲荷神社」「鹿島神宮」「常磐神社」「筑波山神社」「一言主神社」「大杉神社」「大宝八幡宮」「大洗磯前神社」「酒列磯前神社」「村松山虚空蔵堂」「水戸八幡宮」「常陸国出雲大社」の初詣期間の参拝者数やご利益、スポットデータなどをお届けします。

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)


笠間稲荷神社

初詣期間の参拝者数は約80万人

笠間稲荷神社は、社伝よると孝徳天皇の白雉2年(651年)の創建と伝えられ、日本三大稲荷として古くから多くの人々の信仰を集めています。

御祭神として祀られている宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)は生命の根源を司る神として崇められており、五穀豊穣、商売繁盛に絶大なご利益があるとされています。

昭和42年に県の天然記念物に指定された「八重の藤」と「大藤」の二株の藤樹が有名で、「八重の藤」「大藤」が咲く5月には多くの参拝者や観光客が訪れる人気スポット。

ですが、初詣期間はそれを遥かに凌駕するほどの混雑を見せますので、笠間稲荷神社ではじめて初詣の参拝をされる方はある程度の混雑は覚悟の上で出掛けましょう。

笠間稲荷神社のスポットデータ
読み
かさまいなりじんじゃ
住所
〒309-1611 茨城県笠間市笠間1番地
電話
0296-73-0001(笠間稲荷神社社務所)
ウェブサイト
日本三大稲荷 笠間稲荷神社
最寄り駅
JR水戸線「笠間駅」
ご利益
五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、合格祈願、厄除け
御祭神
宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)

笠間稲荷神社の初詣関連記事はこちら▼

鹿島神宮(かしまじんぐう)


鹿島神宮

初詣期間の参拝者数は約70万人

鹿島神宮が創建されたのは、神武天皇元年(紀元前660年)と伝えられています。
2600年以上もの歴史を持つとされる古社中の古社。

近代まで「神宮」と呼ばれていたのは日本全国で「伊勢神宮」「香取神宮」そして今回ご紹介する「鹿島神宮」の三社のみ。
日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社でもあり、別格の格式を持つ神社です。

ご祭神である武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)は神話の中に登場する最強の武の神とされ、古くから勝負運アップや武道上達のご利益があるとされています。

武甕槌大神には地震を起こす大ナマズを抑えたという伝説があり、ナマズの頭を押さえつけ地震を防いでいるとされる要石(かなめいし)が祀られていることから、地震除けのご利益でも有名です。

ちなみに、サッカーの鹿島アントラーズのチーム名やマスコットキャラクターは、鹿島神宮で神の使いとされる神鹿がもととなっています。
鹿島アントラーズの勝負強さは武甕槌大神のご利益の賜物かもしれません。

鹿島神宮のスポットデータ
読み
かしまじんぐう
住所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
電話
0299-82-1209(鹿島神宮社務所)
ウェブサイト
鹿島神宮|常陸国一之宮
最寄り駅
JR鹿島線「鹿島神宮駅」
ご利益
勝負運UP、武道上達、厄除け、地震除け、開運招福、出世開運、無病息災
御祭神
武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)

鹿島神宮の初詣関連記事はこちら▼

常磐神社(ときわじんじゃ)


常磐神社

初詣期間の参拝者数は約30万人

常磐神社が創建されたのは明治6年(1873年)で比較的新しい神社です。

江戸後期から明治初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつで、常磐神社では、主祭神として高譲味道根之命(=徳川光圀)と押健男国之御楯命(=徳川斉昭)を祀っています。

ドラマ水戸黄門のマストアイテムである葵紋の印籠を模した「印籠守」を授与していることで有名です。

境内の西側には藤田東湖を祀った「東湖神社」があり、本社本殿の左隣には徳川光圀の育ての親といわれている三木之次・三木武佐を祀った「三木神社」があります。

常磐神社のスポットデータ
読み
ときわじんじゃ
住所
〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1-3-1
電話
029-221-0748(常磐神社社務所)
ウェブサイト
常磐神社 常磐神社 水戸黄門ホームページ
最寄り駅
JR水戸駅
ご利益
学業成就、家内安全、交通安全、事業繁栄
御祭神
・高譲味道根之命(たかゆずるうましみちねのみこと)=水戸光圀
・押健男国之御楯命(おしたけおくにのみたてのみこと)=徳川斉昭

常磐神社の初詣関連記事はこちら▼

筑波山神社(つくばさんじんじゃ)


筑波山神社

初詣期間の参拝者数は約23万人

筑波山は西峰・東峰からなる双耳峰で、筑波山神社は西の男体山と東の女体山を神体山として祀る神社です。

筑波山神社の主祭神である2柱は

・筑波男ノ神は男体山の神で、人格神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
・筑波女ノ神は女体山の神で、人格神は伊弉冊尊(いざなみのみこと)

とされていて、

古くから縁結びや恋愛成就、夫婦円満のご利益があるといわれ、初詣期間も多くの参拝客を集める人気のパワースポットです。

筑波山神社のスポットデータ
読み
つくばさんじんじゃ
住所
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1番地
電話
029-866-0502
ウェブサイト
筑波山神社
最寄り駅
つくばエクスプレス「つくば駅」
ご利益
縁結び、恋愛成就、子授け、子育て開運、夫婦円満など
主祭神
・筑波男ノ神(つくばおのかみ、筑波男大神)
・筑波女ノ神(つくばめのかみ、筑波女大神)

筑波山神社の初詣関連記事はこちら▼

一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)


一言主神社

初詣期間の参拝者数は約15万人

一言主神社はその名の通り、一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)をご祭神として祀っています。

一言主大神は言行一致の神様で、たった一言の願いでもきちんと聞き入れ、叶えてくれると言われていて、縁結び、学業成就、安産、商売繁盛、病気平癒などのご利益があるとされています。

一生に一度だけご利益を得られるという信仰もあることから、災害時や非常時などに参拝する方も多いようです。

一言主神社で初詣のお参りをする際には、どんな願い事をするか事前にちゃんと考えておくといいでしょう。

一言主神社のスポットデータ
読み
ひとことぬしじんじゃ
住所
〒303-0045 茨城県常総市大塚戸町875
電話
0297-27-0659(一言主神社社務所)
ウェブサイト
茨城県常総市 一言主神社
最寄り駅
・つくばエクスプレス「守谷駅」
・関東鉄道常総線「水海道駅」
ご利益
縁結び、学業成就、安産、商売繁盛、病気平癒
ご祭神
一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)

一言主神社の初詣関連記事はこちら▼

大杉神社(おおすぎじんじゃ)


大杉神社

初詣期間の参拝者数は約20万人

稲敷市阿波の大杉神社は、全国に670社ほどある大杉神社の総本宮で、豪華で派手な社殿群を有することから「茨木の日光東照宮」と呼ばれています。

古くから「悪魔ばらえのあんばさま」と呼ばれ、厄除け、八方除け、星除けの祈祷で有名なほか、日本で唯一の夢むすび大明神として多くの人の夢を叶えてきたとされています。

「ねがい天狗」「かない天狗」に願った夢は、大杉大明神に届けられるといわれています。

また、境内の裏手には勝馬神社があり、遠方からも競馬ファンが訪れる人気スポットとなっています。

大杉神社のスポットデータ
読み
おおすぎじんじゃ
住所
〒300-0621 茨城県稲敷市阿波958
電話
029-894-2613
ウェブサイト
あんばさま総本宮 大杉神社
最寄り駅
JR成田線「下総神崎駅」
ご利益
夢叶え、夢結び、悪縁切り、厄除け、家内安全、商売繁昌、財運招来
主祭神
倭大物主櫛甕玉大神
(やまとのおおものぬしくしみかたまのおおかみ)
配祀神
・大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
・小彦名大神(すくなひこなのおおかみ)

大杉神社の初詣関連記事はこちら▼

大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)


大宝八幡宮

初詣期間の参拝者数は約10万人

茨城県下妻市の大宝八幡宮は関東最古の八幡神社とされていて、創建は文武天皇の大宝元年(701年)とされています。

関東地方における八幡信仰の基となった神社で、平将門(たいらのまさかど)が戦勝祈願のために何度も参拝し、大宝八幡宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝わっています。

大宝八幡宮の「大宝」の由来は、創建された年号から来たものですが、「大きな宝」といういかにも景気の良さそうな名前から、今では金運アップのご利益があるとされています。

名前だけではなく実際に、宝くじの当選祈願を受けた売り場から高額当選者が続出していることがテレビなどでも取り上げられて有名になりました。

平成17年には宝くじ売り場の運営企業が、販売前の宝くじを神社に持ち込み宝くじ祈願をした翌年、ドリーム・サマー・年末ジャンボで2等1億円が8本も当たったそうです。
このうち3本は神社から一番近い宝くじ売り場である「下妻イオン」で販売されたものというから、更に驚きです。

その後も平成18~22年の5年間で累計当選額は38億円を超えるそうです。

さらに例をあげると、高額当選の祈願を受けた宝くじの売り場「スーパーカスミ岩瀬店前」からは、なんとロト7一等8億円が当選!

そんな理由もあって、大宝八幡宮は初詣期間中も多くの参拝者で混雑します。

大宝八幡宮のスポットデータ
読み
だいほうはちまんぐう
住所
〒304-0022 茨城県下妻市大宝667
電話
0296-44-3756(大宝八幡宮社務所)
ウェブサイト
関東最古の八幡神社 大宝八幡宮の案内:茨城県下妻市
最寄り駅
関東鉄道常総線「大宝駅」
ご利益
縁結び、財運招福、家内安全、厄除け、病気平癒、旅行安全
御祭神
・誉田別命(ほんだわけのみこと)
・足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)
・気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)

大宝八幡宮の初詣関連記事はこちら▼

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)


大洗磯前神社

初詣期間の参拝者数は約20万人

祭神として祀られている大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が協力して国造りを進めたことに由来して、大洗磯前神社には縁結びや醸造・漁業・産業の発展にご利益があるといわれています。

大洗磯前神社は、初日の出スポットとしても有名で、神話の中で神様が降臨されたとされる神磯の鳥居(かみいそのとりい)から登る初日の出はまさに絶景で、元旦からご来光を拝みに多くの参拝者で混雑します。

大洗磯前神社のスポットデータ
読み
おおあらいいそさきじんじゃ
住所
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
電話
029-267-2637(大洗磯前神社社務所)
ウェブサイト
大洗磯前神社
最寄り駅
大洗鹿島線「大洗駅」
ご利益
縁結び、家門繁栄、交通安全、開運招福、薬祖神、醸造・漁業・産業の神、縁結び
主祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
配祀神
少彦名命(すくなひこなのみこと)

大洗磯前神社の初詣関連記事はこちら▼

酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)


酒列磯前神社

初詣期間の参拝者数は約3万人

酒列磯前神社は阿字ヶ浦海水浴場にほど近い小高い丘に鎮座しています。

創建されたのは文徳天皇時代の857年。
中世は江戸氏や佐竹氏らから外護され、江戸時代には水戸光圀からの庇護を受けた神社です。

神話では国を形成する際に、
大名持命(おおなもちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の神様がセットで登場することから、
少彦名命を主祭神とする酒列磯前神社と大名持命を主祭神とする大洗磯前神社は、対の神社とされ、2社で1つの信仰を集めています。

一の鳥居をくぐると樹叢(じゅそう)と呼ばれる木々のトンネルがあり、ジブリの世界観を彷彿とさせる幻想的な雰囲気を堪能することができます。

二の鳥居をくぐった先には、宝くじの高額当選者から奉納されたウミガメ像があります。
このウミガメ像に触れると金運がアップするといわれ、人気のパワースポットとなっています。

酒列磯前神社のスポットデータ
読み
さかつらいそさきじんじゃ
住所
〒311-1202 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2
電話
029-265-8220(酒列磯前神社社務所)
ウェブサイト
酒列磯前神社
最寄り駅
ひたちなか海浜鉄道湊線「磯崎駅」
ご利益
金運アップ、商売繁盛、無病息災、縁結び、交通安全など
主祭神
少彦名命(すくなひこなのみこと)
配祀神
大名持命(おおなもちのみこと)

酒列磯前神社の初詣関連記事はこちら▼

村松山虚空蔵堂(むらまつさんこくうぞうどう)


村松山虚空蔵堂

初詣期間の参拝者数は約20万人

地元では「虚空蔵さん」と呼ばれ親しまれている村松山虚空蔵堂。

開山の祖は弘法大師空海で、平安時代初期の807年に創建されたと伝わる古刹です。

領主の佐竹氏から厚い保護を受けたのち、江戸時代には、徳川家康公や水戸黄門として有名な徳川光圀公の庇護を受け栄えてきました。

本尊の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は日本三体虚空蔵尊の一つで、厄除けと知恵授けの仏さまとして信仰を集めています。

村松山虚空蔵堂のスポットデータ
読み
むらまつさんこくうぞうどう
住所
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松8
電話
029-282-2022 ※受付時間9:00~17:00
ウェブサイト
村松山虚空蔵堂
最寄り駅
JR常磐線「東海駅」、バス・タクシーで約15分
ご利益
商売繁盛 学業成就 縁結び 交通安全 家内安全 厄除け 安産祈願 健康長寿 合格祈願 十三詣り 方位除け
宗派
真言宗豊山派
御本尊
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

村松山虚空蔵堂の初詣関連記事はこちら▼

水戸八幡宮(みとはちまんぐう)


水戸八幡宮

初詣期間の参拝者数は約20万人

茨城県の初詣スポットとして有名な水戸八幡宮ですが、初日の出スポットとしても人気があり、
日光や久慈の連山、那珂川を一望できる境内の烈公御涼所では、元旦に「初日出御来光清祓式」という初日の出を拝む式典が行われます。

慶長3年(1598年)に建立された水戸八幡宮本殿は国指定の重要文化財。

そして、樹齢700~800年・樹高42メートル・幹周り9メートルの御神木「オハツキイチョウ」は天然記念物に指定されていて、初詣期間にあたる1月1日~3日まではライトアップが施されます。

水戸八幡宮のスポットデータ
読み
みとはちまんぐう
住所
〒310-0065 茨城県水戸市八幡町8-54
電話
029-221-5327(水戸八幡宮社務所)
ウェブサイト
常陸國水府総鎮守 水戸八幡宮
最寄り駅
JR水戸駅
ご利益
厄除け、無病息災、家内安全、五穀豊穣、商売繁昌、合格祈願
御祭神
・誉田別尊(ほんだわけのみこと)
・息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと)
・姫大神(ひめのおおかみ)

水戸八幡宮の初詣関連記事はこちら▼

常陸国出雲大社(ひたちのくにいづもたいしゃ)


常陸国出雲大社

初詣期間の参拝者数は約10万人

常陸国出雲大社で祀られている主祭神・大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は、少名彦命(すくなひこのみこと)と協力して国造りを進めた神様とされ、農業・漁業の神様と崇められています。

また、大国主大神は神話の中で、複数の女神様との間にたくさんの子どもを作ったとされていて、古くから縁結びのご利益がある神様として人気があります。

出雲大社のシンボル的な存在である大しめ縄にも、幾多の縁を結ぶという意味がありますので、良縁を求める方におすすめの神社です。

常陸国出雲大社のスポットデータ
読み
ひたちのくにいづもたいしゃ
住所
〒309-1634 茨城県笠間市福原2001
電話
0296-74-3000(常陸国出雲大社社務所)
ウェブサイト
茨城県の縁結びなら常陸国出雲大社
最寄り駅
JR水戸線「福原駅」
ご利益
縁結び、幸運開運、商売繁盛、災難除け
主祭神
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

常陸国出雲大社の初詣関連記事はこちら▼