稲毛浅間神社

千葉県の初詣スポット、稲毛浅間神社(いなげせんげんじんじゃ)の初詣期間中の参拝者数、混雑時間と混雑回避のポイント、ご利益、最寄り駅やアクセスなどの情報をお届けします。

稲毛浅間神社は大同3年(808年)に創建された富士信仰の古社。

よく整備された市指定天然記念物の松林は、風光明媚な散歩道として人気が高いです。

稲毛浅間神社の主祭神である木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)は安産子育ての神といわれているため、女性に人気の初詣スポットです。

配祀神の瓊々杵尊(ににぎのみこと)は国土平安、家内安全、産業発展にご利益があるとされ、猿田彦命(さるたひこのみこと)は道開き、交通安全、厄難解除のご利益があるとされています。

稲毛浅間神社の初詣情報

稲毛浅間神社の例年の初詣期間(元日~3日まで)の参拝者数は約30万人

京成電鉄千葉線「京成稲毛駅」から徒歩4分で行ける距離にある駅チカの初詣スポットです。

初詣関連データ

稲毛浅間神社の初詣情報
参拝者数
約30万人
混雑時間
・大晦日23時頃~元日午前2時頃まで
・三が日は午前10~午後14時頃まで
初詣行事
・1月1日 歳旦祭
・1月14日 神符焼納祭(どんど祭)

スポットデータ

稲毛浅間神社のスポットデータ
読み
いなげせんげんじんじゃ
住所
〒263-0034 千葉県千葉市稲毛区稲毛1丁目15−10
電話
043-245-7777(稲毛浅間神社社務所)
ウェブサイト
稲毛浅間神社
最寄り駅
京成電鉄千葉線「京成稲毛駅」
ご利益
安産、子育て、国土平安、家内安全、産業発展、道開き、交通安全、厄難解除
主祭神
木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)
配祀神
・瓊々杵尊(ににぎのみこと)
・猿田彦命(さるたひこのみこと)

初詣の混雑時間・混雑回避のポイント

稲毛浅間神社は初詣期間中だけでも約30万人の人が参拝に訪れる千葉県でも有数の初詣スポットです。

年明けから三が日までの混雑は必至で
特に混雑が予想される時間帯は

・大晦日23時頃~元日午前2時頃まで

・三が日では朝10時~昼14時頃まで

です。


混雑を回避する方法としては

・朝早くに参拝する

・夕方16時以降に参拝する

・4日以降に参拝する

など、

とにかく、参拝客が多いことが予想される時間帯や正月三が日を避けることが混雑回避のポイントとなります。

稲毛浅間神社へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
・京成電鉄千葉線「京成稲毛駅」より徒歩4分
・JR総武線「稲毛駅」より徒歩15分
・JR京葉線「稲毛海岸駅」より徒歩20分
※JR総武線「稲毛駅」、JR京葉線「稲毛海岸駅」からはバスもご利用できます。【バス時刻表・運賃表
車でのアクセス
・京葉道路「幕張IC」→国道14号線で千葉方面へ6km
・東関東自動車道「湾岸習志野IC」→国道14号線で千葉方面へ6km

稲毛浅間神社の駐車場情報

「稲毛浅間神社前」交差点から千葉方面に150m程行くと稲毛浅間神社の専用駐車場があります。

収納台数は約80台で、無料で利用することができます。

初詣期間などの混雑時には駐車場が利用できない場合がありますので、

最新の混雑情報や交通規制情報などは電話、または公式サイトにてご確認ください。


稲毛浅間神社駐車場
台数約80台
料金無料

稲毛浅間神社の初詣関連情報 まとめ

最後に今回ご紹介した稲毛浅間神社の初詣の関連情報についてまとめておきます。

・初詣の参拝者数は約30万人

・初詣の混雑時間は、大晦日23時頃~元日午前2時頃まで。三が日では朝10時~昼14時頃まで。

・初詣の混雑を避けるには、早朝や夕方、または4日以降に参拝する

・「京成稲毛駅」から徒歩4分の駅チカ初詣スポット

・稲毛浅間神社の松林は市指定天然記念物

・安産、子育てのご利益が有名

今回は千葉県の稲毛浅間神社の初詣参拝客数や混雑についての情報をお届けしましたが、参拝者の数は、立地条件やアクセスの良さ、キャパシティの規模なども大きく関わってきます。

規模が小さくても古くから地元の方に愛されている神社仏閣は全国に数多く存在しますし、穴場的なパワースポットもたくさんあることも忘れないでくださいね。

稲毛浅間神社へ初詣にお出かけの際は、厳しい寒さも予想されますし、混雑状況によっては参拝までかなりの時間を要することもありますので、寒さ対策は万全にして初詣にお出かけください。

当サイトでご紹介した内容は最新でない場合があります。
稲毛浅間神社の最新情報は直接お電話でお問合せするか公式サイトにてご確認をお願いします。

電話
043-245-7777(稲毛浅間神社社務所)
ウェブサイト
稲毛浅間神社