安全かつ楽しく潮干狩りをするためには、服装がとても重要です。

海岸では貝殻の破片で怪我をする場合もありますので、極端な軽装はやめましょう。

かといって、あまりにも重装備すぎると動きづらい上に疲れやすくなってしまいます。

また、潮干狩りの最中は長時間、直射日光にさらされますので、肌寒く感じる春先であっても紫外線対策や熱中症対策は必要です。

今回は「潮干狩りにはどんな服装で行けばいいの?」と悩んでいる方のために潮干狩りの服装についてご紹介します。

潮干狩りの服装

日焼け防止と熱中症対策のために、頭部は麦わら帽子やビーチハットで守りましょう。

海風に飛ばされないよう紐やゴムがついているものがおすすめです。

首にはタオルを巻きましょう。日焼け防止と汗ふきように。

砂を掘る際に貝殻などで怪我をしないようゴム手袋、軍手、マリングローブなどで手を保護しましょう。

軍手は水を含んでしまうため、ゴム手袋やマリングローブの方がおすすめです。

上半身

海の日差しは思いのほかに強いので、長袖のシャツを着るか半袖のシャツの上にラッシュガードなどを羽織ると良いでしょう。

長時間、浜風にさらされると体が冷えてしまうこともありますので、ラッシュガードがあると快適に潮干狩りができます。

お子様の場合、迷子防止のために蛍光色やパステルカラーなど派手な色合いのものを着させることをおすすめします。

下半身

潮干狩りの際は、半ズボン、ショートパンツ、もしくは水着がおすすめです。

長ズボンでは濡れてしまうので、裾をまくって潮干狩りをやることになります。

スカートの女性を時々見かけますが、しゃがんで砂を掘る時に海水に浸かってしまうため、潮干狩りには不向きです。

紫外線が気になるという方は、トレンカやレギンスなどを合わせてはくと良いでしょう。

足元

潮干狩り場は貝殻の破片や岩場などがあるので、裸足だと怪我をします。

マリンシューズやサンダルをはきましょう。

長靴でもいいのですが、海水や砂が入ると結構、気持ち悪いです。

お子様の場合は、安全性重視で長靴でも良いでしょう。

ちなみに、足で踏んだ感覚で貝脈を探り当てる技を持つ熟練者は靴下や地下足袋で潮干狩りをするそうです。

潮干狩りの服装 まとめ

最後に今回ご紹介した潮干狩りの服装についてまとめておきます。

  • 頭:麦わら帽子・ビーチハット(紐orゴム付き)
  • 首:タオル
  • 手:ゴム手袋・マリングローブ・軍手
  • 上半身:長袖シャツ、半袖シャツ+ラッシュガード
  • 下半身:半ズボン、ショートパンツ、水着
  • 足元:マリンシューズ、サンダル、長靴

潮干狩りの服装は安全性と機能性を重視して選んでください。

海岸には太陽の光を遮るものがないので紫外線が気になる方は日焼け止めをしっかり塗りましょう。

太陽光と浜風は思いのほか体力を奪っていくので、適度に休憩を取ってください。

貝殻の破片や岩場などで擦り傷や切り傷を負ってしまった時のために、バンソウコウは持参しておくと安心です。