引用:https://www.aichi-now.jp/

愛知県の東はず海岸・前島(ひがしはずかいがん・まえじま)の潮干狩り詳細情報をお届けします。

干潮時間、潮干狩りカレンダー、潮見表、料金、採れる貝の種類、アクセス方法、駐車場など潮干狩りに必要な情報が満載ですので、ぜひレジャー計画の参考になさってください。

東はず海岸・前島の基本情報

愛知県の三河湾に浮かぶ東はず海岸の前島。

前島は別名「うさぎ島」とも呼ばれます。
「うさぎ島」と呼ばれるようになった由来は、かつて前島で400匹以上のうさぎを放し飼いにしていたため。

前島の海は、潮の流れが2方向から来るのでプランクトンが豊富です。
毎年の4月~5月になると、豊富なプランクトンのおかげでプックリと育ったアサリを採ることができます。

東はず海岸は名鉄東幡豆駅から徒歩5分と、駅チカの潮干狩り場としても有名です。

前島へは、東幡豆漁業協同組合の所属船が運んでくれます。
渡船料は往復で、大人800円、子ども(小学生以上)400円 、乳幼児は無料
渡船の運行は、干潮時間の約3時間前から随時行っています。
干潮時間を確認したい方は下の潮干狩りカレンダーを参照してください。
悪天候で渡船の運行が中止になることもあるので、事前に確認しておきましょう。

炭火のバーベキュー施設もありますので、採れたての貝をそのまま焼いて食べることもできます。

潮干狩りの料金は小学生以上で1,000円。採取量は2kgまでとなっています。
採取量の上限を超えた場合は、1kg増すごとに追加料金として700円がかかります。

開催期間2018年3月17日(土)~7月29日(日)
潮干狩り料金 大人・子ども(小学生以上):1,000円(2kgまで)
入漁袋以外は、1kg増す毎に700円の追加料金がかかります
団体割引:25名以上で1名に付き50円引き
前島への渡船料(往復):大人800円 子ども400円 (乳幼児 無料
採れる貝アサリ、ハマグリ、バカ貝、マテ貝
所在地〒444-0701 愛知県西尾市東幡豆町前島
お問合せ0563-62-2068(東幡豆漁業協同組合)
公式サイトhttp://www.katch.ne.jp/~higasihazu-gk/index.html
駐車場約2,000台
【潮干狩り場受付付近駐車場】500円(普通車のみ)
【名鉄蒲郡線ガード南側駐車場】500円 ※土、日、祝日は1,000円
【前島渡船乗場付近】無料

東はず海岸・前島の潮干狩りカレンダー2018

2018年版の東はず海岸・前島の潮干狩りカレンダーです。

カレンダーは東幡豆漁業協同組合の公式サイトの情報を元に制作しました。

カレンダーの下にあるボタンから東はず海岸・前島付近の詳しい潮見表情報をチェックすることもできますのでご活用ください。

アサリの繁殖が不良の場合、潮干狩りが中止になる場合がありますので最新の情報は公式ホームページなどでご確認ください。

▶潮見表

東はず海岸・前島の施設情報

トイレあり
更衣室あり
休憩所あり ゴザ代500円(5人まで可)
コインロッカーなし
温水シャワーなし

東はず海岸・前島にはトイレ・更衣室・休憩所の設備があります。

休憩所はゴザ代500円で5人まで使用することが可能です。

有料で炭火バーベキューを楽しむこともできます。バーベキューご希望の方は事前に電話でご確認ください。

東はず海岸・前島にはコインロッカーがありませんので、貴重品の管理は防水加工のウエストポーチなどがあるととても便利です。

東はず海岸・前島へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
名鉄東幡豆駅→徒歩5分
お車でのアクセス
東名高速音羽蒲郡IC→国道247号経由30分

東はず海岸・前島の貝毒情報

アサリなどの2枚貝は、悪性のプランクトンを食べることで体内に毒素を溜め込んでしまうことがあります。

毒素が蓄積された貝を人が食べてしまうとシビレや運動失調、下痢、腹痛などの症状を引き起こす恐れがあります。

貝毒は海中の悪性プランクトンの密度が減少すると徐々に貝の体内から排出されてなくなります。

愛知県では、定期的に海のプランクトン量を計測して貝毒の検査を行っています。

潮干狩りに行く際は最新の貝毒検査情報をチェックしておきましょう。

愛知県の貝毒検査結果はこちら