引用元:https://www.aichi-now.jp/

愛知県の梶島(かじしま)の潮干狩り詳細情報をお届けします。

干潮時間、潮干狩りカレンダー、潮見表、料金、採れる貝の種類、アクセス方法、駐車場など潮干狩りに必要な情報が満載ですので、ぜひレジャー計画の参考になさってください。

梶島の基本情報

愛知県西尾市の梶島(かじしま)は、三河湾に浮かぶ無人島です。

梶島のアサリは良質で美味しいと評判で、「梶島あさり」と呼ばれ、ブランド化している程です。

その証拠に「梶島あさり」は、2012年に日本テレビで放送された「満天☆青空レストラン」や2013年にテレビ朝日で放送された「日本!食紀行」などの料理番組で取り上げられています。

梶島では元々、アサリのエサとなる植物性プランクトンが豊富で良質のアサリが育つ環境が整っていましたが、それに加えて、地元の漁師さんたちの小さいアサリは取らないという信念が「梶島あさり」というブランドを作り上げました。

この「梶島あさり」を狙って潮干狩りシーズンになるとたくさんの人がこの無人島に訪れるというワケです。

開催期間2018年3月3日(土)~6月2日(土)
潮干狩り料金大人:2,300円(入漁料1,200円+渡船料1,100円)
小人(小学生)1,000円(入漁料500円+渡船料500円)
園児:500円(渡船料の500円のみ)
採れる貝アサリ
所在地〒444-0513 愛知県西尾市吉良町宮崎梶島
お問合せ0563-32-0224(西三河漁業協同組合吉良支所)
公式サイトhttp://www.kira-asari.com/
駐車場サンライズパーク駐車場500台(無料

潮干狩り料金は大人が2,300円(渡船料込み)、小人(小学生)が1,000円(渡船料込み)で園児は渡船料のみの500円で入料袋いっぱいまで潮干狩りを楽しむことができます。
団体の場合は、30名以上(大人)で1割引となります。

駐車場は宮崎漁港の吉良サンライズパークで無料で止められますので、お車の方はこちらを利用しましょう。
ちなみに吉良サンライズパークは夏季の海水浴シーズンのみ駐車料金が有料となりますので、ご注意ください。

渡船開始は下記カレンダーの干潮時間の2時間30分前より行っていますので、それまでに西三河漁業協同組合吉良支所にて入漁券の購入を済ませておきましょう。吉良漁港を出発し、5分~10分程で梶島へ到着します。

梶島の潮干狩りカレンダー2018

2018年版の梶島の潮干狩りカレンダーです。

カレンダーの下にあるボタンから梶島付近の詳しい潮見表情報をチェックすることもできますのでご活用ください。

▶潮見表を見る

アサリの繁殖が不良の場合や悪天候により、潮干狩りが中止になる場合がありますので最新の情報は公式ホームページなどでご確認ください。

梶島の施設情報

トイレあり
更衣室なし
休憩所なし
コインロッカーなし
温水シャワーなし
梶島にはトイレ以外の設備がありません。

コインロッカーなど貴重品を預ける設備・施設もありませんので、お財布や携帯電話などを入れられる防水のウェストポーチなどがあるととても便利です。

 

梶島へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
名鉄「吉良吉田駅」→タクシー利用で7分
お車でのアクセス
・東名音羽蒲郡IC→オレンジロード(有料)→国道247号経由40分
・東名岡崎IC→国道248号→国道247号経由50分
・国道23号(西尾東IC)から30分
・知多半島道路(半田IC)→衣浦トンネル経由50分

梶島の貝毒情報

アサリなどの2枚貝は、悪性のプランクトンを食べることで体内に毒素を溜め込んでしまうことがあります。

毒素が蓄積された貝を人が食べてしまうとシビレや運動失調、下痢、腹痛などの症状を引き起こす恐れがあります。

貝毒は海中の悪性プランクトンの密度が減少すると徐々に貝の体内から排出されてなくなります。

愛知県では、定期的に海のプランクトン量を計測して貝毒の検査を行っています。

潮干狩りに行く際は最新の貝毒検査情報をチェックしておきましょう。

愛知県の貝毒検査結果はこちら