※引用元:https://www.aichi-now.jp/

愛知県の西幡豆鳥羽海岸(にしはずとばかいがん)の潮干狩り詳細情報をお届けします。

干潮時間、潮干狩りカレンダー、潮見表、料金、採れる貝の種類、アクセス方法など潮干狩りに必要な情報が満載ですので、ぜひレジャー計画の参考になさってください。

西幡豆鳥羽海岸の基本情報

愛知県の西幡豆鳥羽海岸は古くからアサリの名産地として知られていて、潮干狩りシーズンになるとぷっくりと育った良質のアサリが採れると評判の人気スポットです。

西幡豆鳥羽海岸は貝の育成にとても適した漁場で、アサリ以外にもハマグリ、バカ貝、マテ貝、カガミ貝、シオフキ貝、サルボウ貝、アカニシ貝など採れる貝の種類もとても豊富です。

遠浅の浜辺もあるのでお子様連れでも安心して潮干狩りを楽しむことができます。

潮干狩りの料金は、小学生以上一律で1,000円で入漁袋一杯まで。ちなみに園児は無料で潮干狩りが楽しむことができます。

入漁袋は事前購入に限り、1人に付き2枚まで購入可能です。

入漁袋一杯にならなくても料金の返金はありませんのでご注意ください。

開催期間2018年3月17日(土)~6月17日(日)
潮干狩り料金小学生以上:1,000円
園児:無料
団体割引:25名以上で入漁袋1枚につき50円引き
採れる貝アサリ、ハマグリ、バカ貝、マテ貝など
所在地〒444-0704 西尾市鳥羽町十三新田1-117
お問合せ0563-62-2176(幡豆漁業協同組合)
公式HP幡豆漁業協同組合
駐車場無料(500台)

西幡豆鳥羽海岸の施設・設備

西幡豆鳥羽海岸にはトイレ以外の施設・設備がありません。

コインロッカーがないので、貴重品の管理には特に気をつけてください。

ズボンのポケットなどにお財布やスマホを入れると、潮干狩りの最中は意外に邪魔になりますし、知らぬ間に落としたりしてしまう恐れもありますので、防水加工のウエストポーチなどに貴重品を入れて身につけておくことをおすすめします

トイレあり
更衣室なし
休憩所なし
コインロッカーなし
温水シャワーなし

西幡豆鳥羽海岸の潮干狩りカレンダー2018

2018年版の西幡豆鳥羽海岸の潮干狩りカレンダーです。

カレンダーは幡豆漁業協同組合の公式ホームページの情報を元に制作しました。

カレンダーに表記してある干潮時刻の約2時間前から潮干狩りをすることが可能です。

カレンダーの下にあるボタンから西幡豆鳥羽海岸付近の詳しい潮見表情報をチェックすることもできますのでご活用ください。

アサリの繁殖が不良の場合や悪天候により潮干狩りが中止になる場合がありますので最新の情報は公式ホームページなどでご確認ください。

▶潮見表

西幡豆鳥羽海岸へのアクセス

公共交通機関でのアクセス
名鉄「三河鳥羽駅」→徒歩約12分
お車でのアクセス
岡崎方面から 国道248号蒲郡方面へ→国道23号芦屋IC→西尾方面→桐山IC下車→西幡豆方面へ約10分
西尾方面から 国道23号バイパス幸田方面→桐山IC下車→西幡豆方面へ約10分
蒲郡方面から 東名音羽蒲郡IC下車→オレンジロード→国道23号蒲郡IC→桐山IC下車→西幡豆方面へ約10分

西幡豆鳥羽海岸の貝毒情報

アサリなどの2枚貝は、悪性のプランクトンを食べることで体内に毒素を溜め込んでしまうことがあります。

毒素が蓄積された貝を人が食べてしまうとシビレや運動失調、下痢、腹痛などの症状を引き起こす恐れがあります。

貝毒は海中の悪性プランクトンの密度が減少すると徐々に貝の体内から排出されてなくなります。

愛知県では、定期的に海のプランクトン量を計測して貝毒の検査を行っています。

潮干狩りに行く際は最新の貝毒検査情報をチェックしておきましょう。

愛知県の貝毒検査結果はこちら